FAQ


序盤のアドバイス

 まずSTRを強化しよう。STRが2、3あるだけで序盤の展開がまるで違う。

 崩壊せし丘で「牙のピアス(STR+1)」「大牙のピアス(MaxHP 1 STR 1 クリティカル 5)」、
 カオスボトルで「クラウンクラウン(MaxHP 5 MaxMP 1 STR 1 VIT 1 DEX 1 AGI 1 INT 1 MND 1)」が手に入るので何周もして頑張って入手しよう。
 メダルではスサノオ。祭壇進化では二刀などが序盤では入手難度が低い。

・一部の敵にダメージが通らない!
 色々な属性の攻撃を混ぜよう。飛んでいる敵には通常攻撃があまり通じない。「石」や「枝」などの飛んでいる敵に有効なカードを混ぜておこう。

・お腹の減りが早い!
 パンなどのお腹回復のカードはかなり重要。かならずデッキに入れよう。お腹が減ると全てのステータスが極端に弱体化し、HPも減り続ける。
 餓死状態ではボスには勝てない。ダンジョンをクリアすると、SHOPに新しい商品が並ぶのでパンも上位のものを買ってデッキに入れる。

・お金がたまりにくい!
 死ぬと金塊の80%が失われるので、「脱出ポッド」や「リタイヤ」をして少しずつお金を貯めていこう。
 序盤は特に死ぬ回数が多いので勇気ある撤退を繰り返し、カードを少しずつ充実させていこう。
 レアエネミーも序盤は勝てないので、戦闘中に右クリック→逃げるなどして対応しよう。

・新しいダンジョンの敵が強すぎる!
 先へ進む毎に敵は強くなる。まずは一回で攻略しようとせず、宝箱や装備箱を開けて、デッキを強化しよう。
 その際には「逃走」のカードを入れておくのも効果的。使用すれば戦闘から100%逃げられるので、宝箱を漁っての脱出がやりやすい。

・罠のダメージが痛い! トゲがウザい! 木がジャマ! 亀裂が回避できない! 設置したキャンプ場に上手く止まれない!!
 罠は解除ツールで外すのが基本。ただしランダム出現イベントは「裏シューズ」等で、バックすることでも回避が可能。
 また、通り過ぎてしまった、固定のキャンプ場のイベントにも有用なので覚えておこう。


<Ability>アビリティカードについて

カードの説明に<Ability>と表記のある特別なカードです。
アビリティカードは、ブックに入れておくだけで効果を発揮します。
ダンジョン内や戦闘中に手札から捨てても、効果は続き、ブックから抜かない限り、永久に効果が持続します。

ただし、ダンジョン内や戦闘中に手札にくると、一般カードと違い「使用」することができません。

手札にきたアビリティカードは、右クリックか、ダブルクリックによって「捨てる」ことができますが、
その場合は「お腹」が減り、バトルカードの場合は、さらにそのターン、攻撃できなくなるというリスクを負います。
ですので、アビリティカードを入れすぎると、行動が制限されるというデメリットがあります。

アビリティの手札管理においては以下のようなカードが有効です。

D.カード

【リテの風】:1枚目のD.カードを捨てる & ドロー / AGI 1 <SS> 宝箱:絶望門

など

バトルカード

【カード剣】:敵に攻撃を加えつつ、同時に手札のアビリティを自動的に捨てる。
【クリスタルの玉】:回復しつつ、同時に手札のアビリティを自動的に捨てる。
【ランチャー】:戦闘中<Ability>カードを捨てるとランダムに物理攻撃
【逆光のペンダント】:バトルブック内の全てのアビリティを、手札に回ってこないようにする。

など。バトルカードにおいては【逆行のペンダント】があれば
実質この一枚でアビリティカードの管理は済むでしょう。

精霊バーストについて

同じ属性のカードを使い続ければ精霊バーストが起き始める。
TPゲージの左側にその属性の色の◆マークが精霊バースト分だけ表示される。
バーストはⅠ,Ⅱ,Ⅲ,Ⅳ,Ⅴ!の5段階あり、Ⅴ!の段階で精霊バーストが起きる。
(称号にある精霊バースト回数はⅤ!まで行った回数)

精霊バーストは無属性を除く全ての属性で起き、<玉>属性、<水晶>属性などもバーストする。
バースト効果を受けるのは威力だけでなく、継続時間、スリップ効果、強化効果なども対象となる。
なおバーストの影響度は隠しパラメータになっており
バーストごとに威力を上げるもののほか、バーストⅡまでは効果が同じでバーストⅢで一気に上がるなどがある。

時々現れる名前が緑の敵がつよいんですが

レアエネミーと呼ばれる存在の敵です。
通常の敵よりも特殊なステータスを持った敵で、倒すのには工夫が必要となります。

倒せば、他の敵からは入手できない素材を得ることができ、
経験値や金塊を多く入手することができます。


◇レアエネミー戦の時に、選択可能となる【逃亡50%】コマンド

しかし、どうしても倒すことができないという場合には
レアエネミー出現時には、右クリックからのサブメニューで
【逃亡50%】というレアエネミーバトル専用コマンドが選択可能になっています。

どうしても倒せないと思った時は、このコマンドで逃亡すると良いでしょう。

また、レアエネミーは、プレイヤーのステータスを参考にしている様です。
プレイヤーが強くなれば強くなるほど、レアエネミーも強くなり、さらにダンジョンの『難易度』も影響を与えるので、
レアエネミーのクリスタルが欲しい場合は、低階層のダンジョンを周回するのが得策です。


ダンジョンの仕組みについて

◇ダンジョンによっては、通常のボスを倒した後に、さらなる道が開かれることがあります。

アナザー:何度かノーマルをクリアすると行けるようになる。ノーマルのボスまでたどり着くと、アナザーへ進むかどうか選択肢が現れる。
     ノーマルと同じ距離が追加される(ノーマル30kmなら30km/60kmの地点から開始する)敵の構成は同じだが、HPが大きく上昇する。

ホリック:何度かアナザーをクリアすると行けるようになる。アナザーのボスまでたどり着くと、ホリックへ進むかどうか選択肢が現れる。
     更にアナザー分の距離が追加される。

カオス: 何度かホリックをクリアすると行けるようになる。ホリックのボスまでたどり着くと、カオスへ進むかどうか選択肢が現れる。
     更にホリック分の距離が追加される。


弓デッキを作ろう。召還獣と戦おう

敵が複数現れる様になると、剣のみの戦いでは、対処が非常に困難となります。そこでまずは『弓デッキ』を作るのがオススメです。
弓矢は威力と命中は低いものの、敵すべてにダメージを与える、全体魔法と同じ効果を持っています。

『弓デッキ』を作ると、複数出現する敵への対処も容易になり
低難度のダンジョンを周回する速度も上がります。

ただし気をつけたいのは、数値のみで性能を判断しない方が良いということです。
一見すると、威力の高い弓矢を入れたくなりますが、性能の良いものは、総じて詠唱が長い傾向にあります。
使いやすさで言えば『杉の矢』が便利です。一度、戦闘で試してみて、自分のデッキに適したものを組み込んでいきましょう。

さらに先へ進むと、合成で『召還獣』を呼ぶことができます。特に「デス」「ルクス」辺りは強力で
プレイヤーのHPを回復させたり、魔法反射を唱えたり、さらには弓で全体攻撃をしてくれるので、純粋に全体火力が増します。
合成欄に現れたら、これもデッキに組み込んでおきましょう。


終盤以降のダンジョン攻略のコツ

まずは【逆光のペンダント】を手に入れましょう。これがあれば、戦闘時にアビリティカードが来ることがなくなります。
その上で『デッキを圧縮する』という概念を覚えましょう。

このゲームでは、探索中に「D.カード」をすべて失った場合、強制死亡扱いになりますが
戦闘ではコロシアムを除き、すべてのカードが再びシャッフルされ、手札として補充されます。

そこで、終盤のデッキを組むコツとして、できる限り『アビリティカード』を入れることが肝心です。
上限は50枚なので、残りの枠で戦闘カードを厳選しつつ、その中に『速度上昇』のステータス効果を持つカードを複数用意します。

こうすることで、後半は手札が高速で回転し、またデッキが一巡し、強力なカードが手元に来る確率が上がります。

特に後半のボス戦では、常に欲しいカードが手元にあることが大事なので
デッキを高速で回し、これらを手札にそろえておく事が肝になります。

ただし、デッキを圧縮した場合は『お腹が空きやすい』『ターン数が多く経過し、良い効果も切れるのが早い』というデメリットもあります。


さらなる深淵を目指す人へ

後半のダンジョン、特にホリック以降の階層を潜る時は、キャンプ場で「足」をプラス状態にするカードを用いて一気に進む手段が必須です。
お金を貯めていくと、SHOPで「テント」「コテージ」「ゲル」等のアイテムが販売されるので、デッキに入れましょう。

アクション:『キャンプ場建造KIT』を習得することでも、各ダンジョンに一ヶ所のみ、任意でキャンプ場を設置できます。
基本的には、ノーマルルートのボス手前か、アナザーのボス手前に設置し、手札を見たあと、脱出してやり直すか、キャンプ場に止まり進むかを判断します。

また、このゲームの状態変化の特徴として、同じ種類の効果が重ねがけされた場合『値が加算され、かつ加えたカードの効果時間が上積みされる』という特徴があります。
<足>効果を重ねがけをすることで終盤のカオスルートのボスへと到達する事が可能になるでしょう。

その他にも、捨て札からランダムで山札に戻す「リサイクル」や、捨て札の1番上のカードを手札に戻す「セカンドチャンス」といったカードもあります。
これらを上手く組み合わせ、デッキに組み込むことで、より安定した確率で先へと進める様になるでしょう。

  • 最終更新:2016-05-01 02:48:17

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード