デッキビルド

逆光のペンダントを利用する事で、銃・弓以外の<Ability>カードをバトルブックから除去する事が出来る。
これによってデッキ圧縮が可能で、デッキ枚数-<Ability>でブックを構築する事が出来る。


コロシアムでの立ち回り

高難易度ダンジョン攻略に向けて

高難易度ダンジョンでは、単純に無属性物理カードや魔法カードを詰め込むだけだと、攻略が難しくなってくる。
そのため、回復カードや属性コンボ、強化付与を利用したブックを構築していく事が必要となる。


HP回復

序盤は軽視されがちな回復カードであるが、後半になるに連れ敵やトラップからのダメージが増大するため、とても重要なカード。
ぱっと見は基本値が低く、使えないように見えるが、属性コンボや店売りの本、Abilityが組み合わさる事によって爆発的な回復量となる。

・∞の玉
序盤から手に入り、お腹回復とSTR1もついている。
詠唱時間も短く、玉属性であることから銃ブックとの相性が非常に良い。
5コンボでは1000近い回復量も見込める。

・ガマの術
基本値が120と高く、癒+10化や非攻撃アクションからの間隔短縮0.5も付く。
インダラヤと比べると回復量が劣るが、その分詠唱時間も短く、使い勝手が良い

・インダラヤ
基本値200と最高峰の回復量を持ち、MP回復と雷鎧化、雷属性強化も付いている。
非常に強力だが如何せん詠唱時間が長く、使い勝手が悪い。
雷魔法主体のデッキでは必須だが、物理系のデッキでは別のもので代替したい。

・天使の腰巻
HP回復技の効果x2のAbilityカード
HP回復カードを入れる場合、必須のカードである。

・ウォーターベール
即座に発動して<水鎧>がつき毎ターン回復する上に近接物理攻撃を受けるたびに回復する
ビンタ等の連続攻撃や複数の敵に対して強い半面、終盤の強力な攻撃に対しては焼け石に水

お腹回復

お腹回復は、終盤になると困らなくなってくる。
お腹100回復のスーリヤのお陰もあるが、ダンジョンブックでヤムヤムの足を入れている場合、パンで歩数を稼ぐ事が出来る為だ。
しかし、EXエネミーや宇宙門戦では長期戦となるため、スーリヤ以外にも何枚か入れておきたい。

・スーリヤ
お腹+100、30ターンの間<約>化
長期戦御用達のカード。
玉技の威力も強化出来るため、銃ブックとの相性が非常に良い。

・ヤムヤムピアス
<Ability>カード、戦闘開始時 お腹+10、HP+10
戦闘開始時にお腹が回復されるため、一撃で敵を葬れる弓デッキ等ではほとんど空腹に困らなくなる。

・山川、落雁、金華糖、べっこう飴 etc
スーリヤのみだと、長期戦時に空腹状態となってしまうため、最低でも補助用のお腹回復カードを2枚は用意したい。

・じすたま
課金カード。HP・MP・TP・お腹を完全回復する。入手点+1、お金+1までついている。さすが課金カード。

精霊バーストサポート

・精霊の剣(水晶属性の剣)/エウプロシュネ(光属性の魔法)
精霊力UP効果とあるが、精霊バーストの効果を高めるという意味。
単一属性、二属性ブックなどでは入れておいて損はない。
それ自体の効果よりもアビリティ目的で入れることが多くなるだろう。

・うどん/うどんエイリアン
コロシアムで手に入るカード。一気に精霊バーストを進めるカードだが、使い所は難しい。

無属性ビルド

無属性ビルドは単体攻撃力が非常に高く、簡単に作れるのがポイントである。
ヴァイスクロイツや大狼牙を主体に物理でひたすら殴り続けるブックとなる。

・忍刀
無属性の近接攻撃回数が稀に+1される
無属性ビルドにおいてほぼ必須

・二刀
二回攻撃できる上に強化するとSTR+1されるので火力の底上げに役に立つ
強化して全部入れよう

・ヴァイスクロイツ
手札の無属性枚数分物理攻撃に加え、無属性の近接攻撃+2と反則級の能力を兼ね揃えたカード
しかもTP消費がない。
相手の精霊毎ぶち抜いて相手を叩きのめしてしまう。

・マグダの剣 シルヴィア剣
近接物理の数少ない全体攻撃カード。
裏シルヴィア剣と比べ、詠唱時間が短いのが最大の魅力。
入手金、入手得点+1も嬉しい。
シルヴィア剣は強化すればSTR+1がつく
二刀と合わせて入れればSTR+8になる

・牙系
牙系統の魅力は神メダルで攻撃回数UPがあるため、終盤から複数攻撃が可能となる。

・酸系
物理Dmgx2の状態以上に加え、スリップダメージを与える。
お手軽にダメージ効率を2倍に出来、宇宙門戦等では必須。

銃ビルド

銃の魅力は玉属性の豊富さからのコンボの繋ぎやすさと、Lukaの銃と<速>付加系カードの組み合わせによる超速射コンボである。
トロスの剣や時弾、幻の砂を発動後、弾を撃ち続ける限り、永久に<速>が増加し続ける。

・LUKAの銃
銃攻撃時<速+1>化。銃ビルドの根幹であり、これがあるとないとでは雲泥の差となる。

・ホルスター
銃攻撃クリティカル+20、銃攻撃時TP+5と、TP回復に乏しい銃デッキには是非欲しいカード

・時弾
2ターン<速+2>化。基本威力も高く、玉属性のためコンボも繋げられ、LUKAの銃をブックに入れている場合、速射が可能となる。

・ファントムブレット
手札の<風>属性カード枚数分、銃攻撃。
ダンジョンブックのイシャナとの組み合わせも良く、風弾を多めに入れるなら是非ブックに入れておきたい。

・鉛の弾 亜鉛の弾 青銅の弾 鉄の弾
主にこれらの玉属性カードを積め込みコンボとクリティカルでの継続火力を出す

・各種召喚獣
召喚獣の攻撃はターンが回ってきたときに行われる。高速回転デッキになれば召喚獣の攻撃回数も加速する。

・有罪
絶望門のアートマ秘宝。相手を<火傷>化(被Dmg+50%)に出来、各種パラメータも下げる。
硬化時間は3ターンだが高速回転デッキなら攻撃回数でカバーできる。倒しにくいゴールドスパイダー・クリスタルスパイダーなどにも。

弓ビルド

範囲除去に特化したビルド。
弓は詠唱時間があるものの、敵全体に遠隔物理ダメージを与える事が出来る。
基礎命中が低く、詠唱時間も非常に短いものから長いものまで多岐に渡るのが特徴。

単体に対しての火力は非常に低いため、ある程度近接物理カードと合わせないと、
逆に殲滅速度が落ちてしまうので、その点に注意が必要。

・光陰の指輪
弓矢攻撃のキャストを10%減する。

・RAINBOW
矢威力+20%が付くものの、毎ターンMP-2で転換のペンダントのみでは相殺出来ないので、MP回復カードが必要になる。

・杉の矢
基礎攻撃力は矢の中で最弱だが、詠唱時間が非常に短いのが魅力。
全体遠隔攻撃をバンバン連発出来るため、高威力の矢よりもこちらの方が使い勝手は良い。

・速読
継続火力がない弓でも数ターン詠唱時間を半分にしてくれるこのカードがあればゴリ押しできる


魔法ビルド

高い命中率と状態異常を多く要する魔法デッキ。
範囲攻撃はランダムといって1発ごとに敵を選び直し3回攻撃するようなタイプが多い。

中盤以降は魔法耐性を持つ敵の多さや属性による状態異常無効、長くなる詠唱時間、
また同属性魔法の少なさなどから運用に難が出る。
混沌スロットの機嫌次第という点も否めない。

しかし「杖」シリーズがそろって基礎威力の増幅が可能になれば
基礎威力を爆発的に高めることができる。

・杖/樫の杖/ジョン・Dの杖
それぞれ10ターンの間、知力を+5/+10/+20出来る。基礎パラメータ強化系で強化効果の数値が加算&累積されるのは非常に珍しい。

例)
知力+5 (残り8ターン)
 ↓樫の杖を使う
知力+15 (残り18ターン)

デフォルトでは杖・樫の杖が3本まで、ジョン・Dの杖が1本入れられるので総継続ターン70。
残りターンは直接は確認できないので効果を切らさないように杖を使う必要がある。
デッキをギリギリまで圧縮するとスキル50枚・アビリティ50枚までなるから
デッキシャッフル時に知力増幅効果の残りターンが42以上あるとあとは効果がなくなることはない。
(手元の8枚はシャッフルされないのでデッキシャッフルは42枚ごとに起きる。)
通常なら1順目が終わった段階で+70-42で+28のおまけが付いた段階で次のデッキを回すことになる。
※闇宵/惣闇/ダークマターは<+固定値>まで戻してしまうので入れないこと!

この継続効果は戦闘終了後、ダンジョン探査でも1行動1ターンで減少し減っていくが
戦闘に入ればまだ効果が継続している。
よってザコ戦で杖以外のカードを捨てながら知力を増幅し強力なボス戦に挑む戦い方ができる。
なお、ジョン・Dの杖は唯一属性付きで<雷>を持っており、精霊バーストの効果を受ける。
これらや夢幻などを駆使することでより効率よく知力を増幅させることができる。

・オーマ/宵闇の剣/蝶番/頑丈な蝶番
相手を<罪悪>(被魔法dmg2倍)にできる。闇属性には効果がない。

・風
ランダム4回攻撃でそれぞれに<早さUP2>(3ターン)がついている。
つまり加速8(12ターン)出来る。

  • 最終更新:2016-05-01 03:27:27

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード